プロフィール
MAF
MAF
主に千葉・神奈川でサバゲをやってます


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2018年12月05日

DPMのパトロールパックとMTPカバー

前回に引き続いて、英軍の背負いものを取り上げます。MTPカバーとDPMパターン パトロールパック




現在の英軍では今まで使われていたDPMおよびデザートDPMの迷彩パターンからMTPへの更新行われてきました。しかしながらバックパックや無線ポーチなどは更新の遅れなのか?はたまたもったいない精神なのかはわかりませんが、MTPと他の迷彩との併用が見受けられます。今年の7月に来航した海兵隊のアルビオンにおいてもMTPの装備に混じって色褪せたDPMの装備が混在していたとの事です。

そこでこんなアイテムを輸入しました。MTPパターンのリュックサックカバーです。これを使えば旧式のDPM装備も現行のMTPパターンのものに早変わりすると言う魔法のアイテムになりますwといっても運良くMTPのベルゲンがその直後に手に入ってしまったので、ニート状態…



生地はウィンドプルーフスモックと同じような若干の艶を持っています。
カバーの使い道もない、そしてサイズの大きいベルゲンでは戦闘中に携行するのは不自然という事で、3000円で売られていたこれを買いました。



タグを見るとパトロールパック 30Lと言うそうです。迷彩の色褪せの無さや砂汚れ油汚れがないあたり新品未使用品であった可能性が高いです


内部の構造はベルゲンと同じように袋状の構造にポケットのついた雨蓋という構成です。


カバーを装着します。
中身をあまり入れない状態だとゴムのテンションに負けてそってしまいます


前回取り上げたMTPベルゲンとの比較です。

難点としてはMTPと併用されているDPMのような色褪せがない、つまり綺麗すぎるところですかね、安く美品が手に入ったと言うことはいい買い物であったのですがw
試しに数日、日常生活で使ってみた感想としては搭載量も多く、オシャレ(当社比)で背負い心地も割と良好です。しかしながら普通の鞄のように内部に細かいポケットがないのは不便に感じます。
サバゲで使うのはしばらく先になりそうです。  

Posted by MAF at 21:00Comments(0)現用英軍

2018年12月01日

MTP ベルゲンリュック

お久しぶりです。パソコンを買い替えたらミリブロにしばらくログインできなくなってしまいましたw

今まで長いこと電車でサバゲに行く時に中学の部活で使っていたラケットバックを使っていたのですが、そろそろ限界かなと思って買い換えて見ました。

ヤフオクに転がっているDPMのベルゲンを買って、MTPの迷彩カバーを用いて使おうと画策していたのですが、運良く一万円でMTPのベルゲンを入手出来ました。



なおこのベルゲンですが、アウトドアメーカーのカリマーの物によく似ています。カリマーのプレデターシリーズの通販サイトの商品説明の欄にも、イギリス軍のベルゲンを元にしたという記載がありました。


ナンバーです





サイズなのですが、縦に長く意外と大きく、短めの銃であれば1日分の荷物がこの中に収まってしまうかもしれません。



内部はこのようになっています。


構造が横にチャックなどが無いただの袋のような構造になっているため、フィールドについて上から使う順番に荷造りしていく必要があります(笑)


ここの部分にはアルミ製のフレームが入っており背負いやすさに貢献しています。



また雨蓋部分の表と裏にそれぞれポケットがあります。


外部にも一箇所ポケットが付いています



両側面には、サイドパックやハイドレーションが取り付けられるようになってます。


背負った感じは、金属フレームが体に密着する事や、分厚いパッドのお陰で重たい荷物でもそこまで苦になりませんでした。

サイドパックも別途で買い足しました。容量はそれぞれ約10Lなので左右につけると20L分増加します。感覚的に言うと片方に迷彩服上下と着替えが楽々と入ってしまいます。

側面にバックルとジップによって強固に取り付けます。


また収納時はこのベルゲン側のジッパーを連結することでコンパクトに収納できます。




ここでこのベルゲンリュックサックの用途なのですが、戦地に赴く為のバックであり、戦闘中に使うようなものでは無いとのことです。なのでサバゲという模擬戦闘でこれを付けるには適切な使い方では無いとの事です。


サバゲ以外にも旅行やキャンプにも使えそうですね



  

Posted by MAF at 23:08Comments(0)現用英軍

2018年05月01日

東京マルイ USPコンパクト:小さいからと侮るな!

こんばんは!幸い連休がとれてゆっくりとした生活を送る事が出来ています。

中古で状態の良い個体が売られていたので、購入しました。USP系統は6年前に電動ハンドガンを買って以来で、HKのハンドガンはHK45以来です。


スペックだけ見ていると17.3cmでグロック26とほぼ同じ長さで、ワルサーPPK/sよりも1cmだけ長いだけでものすごいコンパクトな印象を受けますが、幅が結構あるのでボリューム感は結構あるように感じます。

結構でぶっちょ


基本的な操作はHK45と大きな差はないように思いますが、HK45で両側から操作できたスライドストップが片側にしかないので左利きの方には使いにくいと思います。

次にスライド部です。スライドの上下幅もあり、美しい拳銃と言うよりは無骨な印象を受けます。
実銃では刻印に白い墨入れがされている写真が多いので、スライドの塗装後にやって見たいと思います。



エジェクションポーチです
ここからホップの調整ができるようになってますが、正直やりにくいです…自分が指が太いからかな


サイトはオーソドックスな3ドットタイプです。
USPフルサイズ用のマルイのコンパクトダットサイトがありますが、コンパクトには着くのでしょうか?でも抜き撃ちに特化したモデルにダットサイトはナンセンスな気もしますが…


ハンマー部はこのように抜きやすくするために突起が少なくなるような形になってます。


ただ実銃もそうなんですが、デコッキングレバーを操作しても完全にはハンマーは落ちず、このようなハーフコックの位置で止まってしまうのは中途半端気がします。


スライドストップです
一つ気になったのが、反対側からちょっと押し込むというか触れた時にレバー自体が動いてしまいスライドと干渉し動かなくなってしまう事がありました。

反対側が浮き上がってしまいます


マガジンです。
コンパクトモデルという割にはならない大きいような印象を受けます。(M&P9のマガジンより大きいです)
そして表面加工がツヤのある加工に変わったため、質感が上がっていますね



マガジン底部もフラットタイプに交換できるようになってます。
本当はこっちのがデフォルトみたいです。なんか大柄になるからフラットタイプの方が好みです




KSCのガスガンでは再現されてるロックアウトデバイスはオミットされてます。


そのためか説明書には「実銃のすべての機構を再現した訳では無い」的な記載があります

実射します
まず、ビビりました笑
コンパクトモデルだからと油断していたら、風圧を感じるほどの素早いブローバックと、無駄にでかいスライドが動くため重みもあるようなリコイルでした。

今までいろんなマルイガスブロを持ってましたがこれは過去最強かもしれませんね、もっとも今はコンパクトの親玉格のフルサイズUSPが君臨してるようですね

印象としては、短銃身ゆえの初速低下はあるようですが、それを補って余りあるような取り回しの良さがあるように感じました。また以前HK45を使っていた自分からするとHK45で感じていた無駄なデカさがなくなった分トータル見れば改良型というような印象すら感じます
  
Posted by MAF at 20:25Comments(0)東京マルイ